クラウド コンピューティングにおける実質コスト削減

クラウド コンピューティングの実際のコスト削減はどこで行うのでしょうか。

クラウド コンピューティング は、特にコスト削減の可能性により、SOHO (小規模オフィス/ホーム オフィスの所有者) と SMB (中小企業) の間で非常に人気が高まっています。 実際、あらゆる規模、タイプ、業界の組織がクラウドコンピューティングに切り替え、コスト効率の高い方法を実現し、スピードと効率性を向上しています。

ワークフローの可用性、アクセシビリティ、スケーラビリティを向上させる場合、クラウド コンピューティングは最適なソリューションです。 クラウド コンピューティングの意味を詳しみましょう。

クラウド コンピューティングとは

クラウド コンピューティングとは、従量課金制の価格で利用できる、インターネット上の IT リソースのオンデマンド供給を指します。

物理データセンターやサーバーを含む社内の IT インフラストラクチャを確立して維持する代わりに、AWS (アマゾン ウェブ サービス) のようなクラウド サービスプロバイダーから、コンピューティングパワー、データベース、ストレージなどの効率的なテクノロジー サービスにアクセスできます。

現在、企業、特に成長している企業は、データのバックアップ、メール、ソフトウェア開発とテスト、顧客向けのWebアプリケーション、災害復旧、仮想デスクトップ、ビッグデータ分析にクラウドコンピューティングを使用しています。

例えば、金融機関はクラウド技術を活用して、リアルタイムの不正追跡と防止を実施しています。 同様に、医療機関はクラウドを使用して、患者に対してよりパーソナライズされた治療法を設定しています。 クラウドベースのビデオゲームのおかげで、世界中から何百万人ものゲーム愛好家がオンラインでお気に入りのゲームをプレイできるようになりました。

クラウド コンピューティングとは何かを説明したので、ここで、節約の発生元を見てみましょう。

クラウド コンピューティングがコスト削減につながる方法

セットアップ投資が不要

独自の IT インフラストラクチャを構築するのとは対照的に、クラウドの導入は非常に安価です。 また、独自のサーバーを実行して管理すると、システムの管理と保守に伴う予期しない支出に遭遇する可能性があります。

すべてのインフラストラクチャのニーズは、固定コストでクラウド サービス プロバイダーによって満たされるため、先行投資は必要ありません。 さらに、クラウド コンピューティングは、別のユーティリティ サービスのようなものです。 クラウド プロバイダーは、すべてのメンテナンスの世話をし、あなたは名目上のコストの任意の時点で必要なすべてを取得します。

最適なハードウェア使用率

クラウドサーバープロバイダーは、データセンターのハードウェアニーズを最適化し、規模の経済性を実現します。 クラウドベースのモデルに切り替えると、クラウド プロバイダーのサーバー インフラストラクチャは、ワークロードと他のクライアントのコンピューティング ニーズの間で共有されます。

ワークロードによっては、ハードウェア ソースの完全な使用率が保証されます。 規模の経済に起因する効率性の向上は、クラウドプロバイダーに対するコストの削減を意味し、コストを削減します。

省エネ

社内の IT 構造に関連する電力消費は、特にサーバーが 24 時間 365 日稼働している場合に、非常に高くなる可能性があります。 この場合も、IT リソースの活用に戻ります。 社内のITシステムを運用することは、エネルギー消費量が増加し続ける間、サーバを最適に利用できない可能性があることを意味します。

一方、クラウド コンピューティングは非常に効率的であり、消費電力も少なくなります。 最適なサーバー使用率により、効率的な電力使用が可能になります。 エネルギー コストの削減により、クラウド プロバイダーは使用するシステムに対してかなり少ない料金を請求します。

社内チームなし

IT システムを自分で管理している場合は、屋内 IT チームがどの程度のコストを実現できるかを認識する必要があります。 IT担当者の賃金や給与は、役割の性質上高い傾向にあります。 業界の高い賃金水準も人材不足に起因しています。 さらに、チームの採用と収容に伴うコストと面倒を忘れないようにしましょう。

クラウド コンピューティングを使用すると、コンピューティングと IT のニーズを満たすチームのホストを心配する必要がなくなります。 社内チームを持っていない場合は、スタッフの報酬費用と福利厚生について心配する必要はありません。 また、オフィススペースの家賃など、関連する支出を考慮する必要はありません。 また、   重要なスタッフが一時的に退社した場合、どう機能するのか心配する必要はありません。

IT 担当者が既に存在する場合は、コスト削減の可能性が最大のアプリ開発など、他のビジネス分野で作業を行うようにします。

冗長性を排除

冗長性は、社内のIT管理にとって大きな問題です。 システムの管理に関しては、単一のハードウェアを使用して稼働を維持することはできません。 システムがクラッシュしたり、障害が発生した場合に、動作を維持するための代替ハードウェアが必要です。

ハードウェアを追加購入すると、全体的なコストが増大します。 さらに、使用するかどうかにかかわらず、定期的なメンテナンスが必要です。 目的を持たずにハードウェアのメンテナンスコストを発生させると、不要に思えます。

冗長性の要件に対処するための安価な方法は、クラウドに移行することです。 クラウド サービス プロバイダーは通常、複数のデータ センターに依存し、データをレプリケートすることで復元力を確保します。 洪水、火災、システムクラッシュなどの災害が発生した場合、システムはクラウドコンピューティングで再び実行を開始します。

クラウド コンピューティングにおけるコスト削減の結論

クラウド コンピューティングでは、物理サーバーやデータ センターに関連付けられている資本コストを変動費に交換できます。 サービスを利用する場合にのみ支払う必要があります。 貯蓄

の起源を知ったので、その重要な変化を起させ、革新的になる時が来たのです。 非常に多くのオプションが存在するため、クラウド サービス プロバイダーの選択は困難な作業になる可能性があります。