中小企業に対するクラウドアーキテクチャのメリット

中小企業に対するクラウドアーキテクチャの6つの利点

ここでは、フェニックス、スコッツデール、テンピ、メサの 中小企業に対するクラウドアーキテクチャの6つの利点 は、あなたの中小企業にとって素晴らしいものです。

1. 選択の自由

ビジネスのクラウド アーキテクチャでは、さまざまな種類のサービスとサービス パッケージの選択が可能になります。 SaaS (サービスとしてのソフトウェア)、IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ)、および PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) を選択できます。 あなたが十分に深く行けば、さらに多くのオプションがあります。

また、データセンターの地理的な場所とネットワークアクセスを選択する際に、グローバルリーチを選択することもできます。 また、帯域幅のスループットを選択することもできます。

2. スケーラビリティと柔軟性

Mesaのクラウド アーキテクチャの最も大きな利点の 1 つは、ビジネスが無限にスケーラブルになることです。 この素晴らしい例の1つは、休日のショッピング中に必要な帯域幅とサポートです。 Eコマースのウェブサイトをお持ちの場合は、休日にリクエストが殺到します。 クラッシュを防ぐには、より多くのサーバーが必要です。 追加料金を支払うことで、処理能力とストレージを大幅に活用し、サイトが圧倒されないようにすることができます。

特定のクラウド プロバイダーには、ビジネス ニーズに基づいて 1,000 ~ 10,000 人のユーザーをサポートする Web ファームがあります。 クラウド コンピューティング プロバイダーには、プライベート ネットワークからパブリック ネットワークに移行して新しいアプリをテストするオプションもあります。 また、ストレージを拡張し、新しいマーケティング キャンペーンや新しいイベントをサポートする機能も提供します。

3. 統合

クラウド コンピューティングは、サードパーティのサービスにアプリケーション プログラミング インターフェイスを提供します。 これにより、サード パーティはクラウドでソフトウェアを設計、テスト、および実装できます。 したがって、テスト環境を自分で設計する必要はありません。

そのため、クラウド コンピューティング プロバイダーは、企業が SQL データベースと NoSQL データベースを使用して膨大な量のデータを収集および分析できるようにします。 これにより、顧客の行動や従業員の業務などの洞察を得るのに役立つ分析データが提供されます。 これは、任意の企業の進化のための基礎を提供します。

4. スピード

企業は今日、製品やサービスをどれだけ効果的に販売できるかで判断されています。 違いは、実行の速度によって構成されます。 テンピのクラウドアーキテクチャ は、企業に最初にフィニッシュラインに進むツールを提供します。

仮想リソースは、ビジネスの目的と要件により適切に適応します。 したがって、クラウド アーキテクチャにより、企業は独自の適応環境を構築しなくても、より迅速に移行できます。 企業は、クラウド コンピューティングを通じて、戦略の実行に必要な帯域幅にアクセスできます。

また、オンデマンドのSSD技術へのアクセスは、間違いなく業務をスピードアップします。 最後に、伝える赤いテープもありません。 必要なものは何でも、プロバイダーが更新、アップグレード、および維持するために、クラウドに存在します。

5. コンプライアンスと監査

コンプライアンスと監査は、組織の法的業務にとって極めて重要であり、また負担も大きいです。 ただし、クラウド アーキテクチャは、その負担を軽減するのに役立ちます。 ここに方法があります。

サービス レベル アグリーメントにより、すべての監査およびコンプライアンスアクティビティがすべて記録され、監視されます。 これは、監査が発生した場合に役立ちます。 また、ISO2001、ITIL、SAE116、HIPAA、PCI、サーベーンズ、オックスリーなどをサポートするために、業界および国内の基準を遵守しています。

また、クラウド ホスティング会社やプロバイダーは、定期的に第三者によって監査されるため、セキュリティ基準が満たされていることを保証します。 これにより、セキュリティ、コンプライアンス、または運用の基準も遵守できます。

6. 事業継続計画

ビジネス継続性プランニング (BCP) は、 スコッツデール のクラウド アーキテクチャの主な利点を示しています。 IT の拡張として、ビジネスの拡張として役立ちます。 BCP は、コールド バックとホット バックアップを使用して、ディザスタ リカバリを可能にします。 また、高いフェールオーバーまたは高冗長率で障害復旧を可能にするのにも役立ちます。 したがって、データはより長く、より良い間安全です。

BCP は、データ重複除去とバックアップが維持されるようにもします。 これにより、データが失われないようにし、ハードウェアに障害が発生した場合でも回復できます。 最後に、BCP は、リカバリ手順のテストと検証を確実に行うのに役立ちます。 クラウド アーキテクチャを使用しない場合、このテストと冗長性はいずれも不可能です。

中小企業におけるクラウドアーキテクチャの6つのメリットの結論

小規模企業向けのクラウド アーキテクチャの6 つの利点は、中小企業向けのクラウド アーキテクチャの利点を明確に示しています。 クラウド コンピューティングは、企業の作業を向上させるだけでなく、よりスマートで軽量で迅速に作業するのに役立ちます。