ビジネス IT ソリューション

最も優れていますビジネス IT ソリューション

2020年は、企業のプロセスを改善するために、ビジネスエグゼクティブがITソリューションをより真剣に見始めた年です。 最も一般的な話題の流行語はクラウドとモビリティで、主に成長、プロセスの改善、モビリティ、使いやすさ、データの正確さ、全体的な効率など、あらゆる規模の企業に大きな変化をもたらす可能性があるためです。

フェニックスで次の5つのビジネスITソリューションを、適切なビジネスitソリューションを見つけるための潜在的なゲームチェンジャーとして特定しました。

1. 人工知能

人工知能を取り巻く誇大宣伝は毎年成長し続けており、多くの企業が自然にそれに引き寄せられます。 AIはチャンドラーの強力な ビジネスITソリューション として非常に価値があることを証明しています。 AI は、企業プロセスの自動化、顧客と従業員の関与、データ分析によるインテリジェンス ソリューションの提供という 3 つの主要なビジネス目標をサポートできます。

AIソリューションの中でも、ロボットは人間のように動作するため、RPAは従来のオートメーションツールよりも高度です。 タスクには次のようなものがあります。

  • 失われたATMカードの交換、レコードの更新、顧客との通信の取り扱い
  • レコードのシステムへのクライアント・データの転送
  • 自然言語ツールを使用して、法律文書や契約文書を迅速に調べ、規定を抽出する

RPAによるNASAの実験については言及する価値があります。 宇宙機関は、RPAパイロットをIT支出、人事、および買掛金勘定に埋め込んだ。 各プロジェクトは非常にうまくいった。 たとえば、人事管理では、取引の約 85% が人間の入力なしに完了し、組織全体に分散できます。 今日、NASAはより多くのRPAボットを実装しています。

2. クラウドストレージ

最近では、多くのスタートアップ企業や中小企業が、ハードウェアやストレージの保守にかかるオーバーヘッドコストをかけずに、データに即座にアクセスする必要があります。 クラウド ストレージは、あらゆる規模の企業にとって多くの問題点に対処できる、スコッツデールの 成長するビジネス IT ソリューション です。

主に、複数のオフィス、リモートワーカーのニーズをカバーし、重要なデータの定期的なバックアップを作成するのに最適です。 クラウドストレージとファイル共有ソリューションを、幅広いサービスとソリューションでセットアップすることがこれまで以上に簡単になりました。

理想的なクラウド ストレージ ソリューションは、アクセス可能で、追跡可能で、安全である必要があります。 企業はクラウドストレージソリューションを使用する新しい創造的な方法を使用しており、これらのサービスを使用してコラボレーション機能やファイル共有機能を追求する人もいれば、ドキュメント管理システムとして使用するものもあります。

3. 完全に統合された ERP ソリューション

エンタープライズ リソース プランニング (ERP) ソフトウェアを使用すると、大小の企業がデータを統合し、タスクを合理化できます。 統合された ERP ソリューションでは、すべてのデータを 1 つのデータベースに集約できるため、1 つのツールを使用して複数のビジネス プロセスを自動化および管理できます。

統合されたERPシステムは、製造から人材まで幅広い機能をカバーしています。 これにより、企業はデータのあらゆる側面をシームレスに制御できます。 データと情報を統合することで、マネージャは効率性を高め、情報に基づいた意思決定を行うことができます。

さらに重要なことは、チームや部門は、干渉の危険を冒すことなく、コミュニケーション、同じ情報へのアクセス、および割り当てを完了する作業が容易です。 たとえば、マーケティングスタッフは販売レポートにアクセスでき、営業スタッフは在庫データを確認でき、役員はビジネスの目を見ることができます。

統合された最高のEPRソリューションは、お客様のビジネスの各機能と部門をカバーする独立したモジュールを提供します。 さらに、これらのモジュールは相互に接続され、外部ソースと内部ソースの両方からデータを自動的にフェッチし、統合データセット内に格納します。 これにより、ワークフローが合理化され、データ入力タスクの必要性がなくなります。 最終的な結果は精度が向上し、従業員は必要なときにいつでもデータを見つけることができます。

Excel スプレッドシートや、販売注文、在庫、呼び出しなどのタスクなど、さまざまな手動プロセスを使用している場合、ERP ソリューションが必要になる場合があります。 ビジネスが成長するにつれて、これらのデータシステムをタイムリーかつ正確に管理することが困難になります。 統合システムは、企業の時間とコストを節約できます。

4. モバイルビジネスアプリケーション

今日のペースの速い市場で先を行くためには、ビジネスがモビリティを達成することが重要です。 多くの従業員がスマートフォンやモバイルデバイスを職場に持ち込み、職場でBYODポリシーの需要をシフトさせます。 モバイルワークプレースの成長により、ビジネスアプリケーションを活用して、最も重要なプロセスや機能を活用しています。 これらのビジネス アプリは、営業チーム、役員、および従業員が不在時に作業を促進します。

モバイルアプリは、クライアントベースの増加、ブランドの人気度、売上の 80% 以上が、配車サービスの予約、医療予約の設定、オンライン購入など、日々のニーズを達成するために携帯電話を使用する場合にも重要です。

モバイル アプリケーションを開発する企業は、これらの顧客を促進し、競合他社に先んじて取得できます。 最新のビジネス アプリは、新しい起動、割引、オファー、および予約に関する情報を驚くほど効率良く提供できます。 さらに重要なことに、ビジネスは、アプリケーションにPOSソフトウェアを統合することで、直接支払いを回収できるようになりました。

5. ビッグデータと分析

企業は、複数のデータ・サイロの分析を伴う、戦略的および運用上の重要な意思決定を行う必要があります。 これは、複数の部門にまたがる大量のデータを扱う場合、非常に困難な作業になる可能性があります。 ビッグデータ分析が行われ、大量のデータを調査して隠れたパターンや相関関係を発見し、適切なビジネス上の意思決定を行うために貴重な洞察を導き出すことができます。

現代のビジネスは、より多くのデータ駆動型で客観的なビジネスを望んでいるので、ビッグデータ分析の力を受け入れています。 その中核となるビッグデータ分析システムは、企業がより迅速に作業し、企業に競争上の優位性を提供するような機敏性を達成することを可能にします。 さらに重要なことは、ビッグデータ分析ソフトウェアは長年にわたって減少しています。

ビッグデータ分析の最も重要なアプリケーションの 1 つは、顧客の傾向とパターンを観察することです。 これにより、企業は顧客の動機を理解し、忠誠心を促進するような意思決定を行うことができます。 理論的には、収集するデータが多ければ多いほど、現代の顧客について学ぶことができます。 また、ビッグデータ分析を使用することで、抽出したデータを最大化できます。 適切なデータ分析システムを整備することで、ビジネスは顧客基盤の拡大と維持に必要な重要な顧客の洞察を迅速に得ることができます。

ビジネスITソリューションの収益

あらゆる規模のビジネスが、上記のITソリューションを探求する必要があると考えています。 道路沿いには少しの問題があるかもしれませんが、適切な計画と開発が行われると、Mesa のビジネス IT ソリューションは、生産性、従業員の満足度、繁栄という新しい時代を生み出すことができます。